ブログ

キャバクラとチャットレディの違い

チャットレディは「飲まない」「会わない」「触れられない」

口臭のキツイお客様に悩まされる事なんかもございません。

キャバクラとチャットレディってどっちがいいの?

ライブチャットはパソコンにwebカメラを付けて、

オンラインで接客をするお仕事です。

ライブチャットの仕事をする人の事をチャットレディといいます。

チャットレディはキャバクラのオンライン版みたいなものです。

キャバクラ嬢の仕事内容

1、美容院や自分で髪をセットする

2、出勤する

3、セクシーなドレスに着替える

4、他のキャストとの人間関係を気遣う

5、お客様の隣に座って接客する

6、お酒を飲む

7、タバコの副流煙を吸う

8、触られる事もある

9、下ネタにも対応

10、同伴、アフターに行く

11、他のキャストと指名争いがある

12、指名をとらないと稼げない

13、基本的に夕方~深夜までしか働けない

キャバクラはなんといっても、指名をしてもらわないと稼ぎが少ないです。

また、ドレスやメイク、髪型など維持費やペナルティなどある場合がある。

チャットレディの仕事

1、自宅でも出来るし、チャットルームを無料で使える

2、プライベートで使える洋服でOK

3、チャットに入ってきた男性と会話する

4、下ネタにも対応

5、ノルマは無しだが、待機時間が長いと稼げない

6、男性とのチャット時間が長ければ長いほど稼げる

7、24時間好きな時間にお仕事ができる

チャットレディの報酬は分給なので、1分でも長くチャットすれば

収入は増えます。

もちろん、洋服やメイクなどをキレイにする必要がありますが

キャバクラとは違いプライベートで使える洋服でOKです。

コスプレしたい方は、チャットルームにて無料貸出しています。

ノルマは無いし、好きな時間に好きなだけお仕事が出来るので

キャバクラよりもチャットレディの方が今の時代にマッチしています。

お客様も好きな時間に女の子と会話が出来るので

会員数は年々増えています。

キャバクラの仕事が終わったらチャット、出勤前にチャットなんて子も

たくさんいますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る